トラクターやフォークリフトを陸送する際の特徴と陸送料金

トラクターやフォークリフトを陸送する際の特徴と陸送料金

 

トラクターやフォークリフトを陸送する際はどうすればいいのでしょうか?

トラクターやフォークリフトというのはその性質上長距離移動ができません。

つまり、公道を自走することができません。

したがって、全てトラック等を用いて運ぶこととなってしまいます。

こういった要因から費用は高めとなってしまいますが、どうすれば費用を安く抑えることが出来るんでしょうか?

大きなポイントがあります。

それは、引取に関する日程を指定しないということです。

 

トラクターとは?

 

トラクターとは被牽引車を引っ張る牽引車のことです。

それ自体で推進できないものを牽引したり、しばしば動力を供給したりする装置です。

トラクターとは被牽引車を引っ張る牽引車の事を指します。

トラクターという言葉は「農業用トラクター」の意味で用いられるのが最も一般的です。

農業用トラクターは耕起、および各種の作業用の農業機械、またはトレーラーを引くために使用されます。

トラクターは、土壌づくりや肥料・農薬・種の散布、草刈り、収穫した物を運搬するなど、取り付けるアタッチメントによってできる作業が変わります。

アタッチメントは主に下記のようなものがあります。

トラクターを生産している主要メーカーには、イセキやクボタや三菱マヒンドラ農機やヤンマーなどがあります。

どのメーカーも、どんな土壌にも対応しやすい25~35馬力クラスのトラクターが人気となっています。

 

フォークリフトとは?

 

フォークリフトは工場や物流倉庫、港や貨物ターミナルなど、いろいろな場所で使われています。

人の力では持ち上げることのできない物でも、簡単に持ち上げたり運んだりすることのできる、とても便利なものです。

フォークリフトとは、荷物を積むフォーク、ラムなどの装置と、その装置を上げ下げさせるマストを備えた動力付き荷役運搬車両のことをいう。

 

陸送料金の目安

 

例えば、川崎→小山市間の移動の際の運賃目安としましては5万円ほどです。

一般的なお車とは違い陸送をする際に自走することができません。

したがって、トラックを用いて運ぶこととなってしまい費用が高くなってきます。

こういった要因から費用は高めとなってしまいますが、どうすれば費用を安く抑えることが出来るんでしょうか?

大きなポイントがあります。

それは、引取に関する日程を指定しないということです。

その理由としては、大型のトラックをチャーターすることによって一台当たりの単価を下げることができるからです。

 

まとめ

トラクターやフォークリフトは一般的にお車とは違って高価とはなってしまいます。

ですが、長距離を自走できる車両ではない為、陸送のようなサービスが必ず必要となります。

したがって、陸送を活用せざるを得ません。

その際に陸送業者をお選びください。

しかしながら、料金が高額となってしまいます。

料金が高額になってしまうのですが、自走して陸送することができませんので、是非陸送業者をご依頼ください。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。