トラックの陸送

トラックを陸送したい

トラックの陸送とはどうすればいいのでしょうか?

トラックといってもサイズやプラットフォームは一種類ではありません。

いくつかの種類がございます。

トラックには大きく分けて大型と中型と準中型と普通があります。

その他には特大車というのもあります。

そのようにいくつかの分類があります。

そういったトラックをご紹介させて頂きます。

さらに、中型トラックを例に挙げて陸送料金の例を挙げてみたいと思います。

 

トラックの料金相場

そのようなトラックの中でも今回は中型に焦点を当てていきたいと思います。

本当にたくさんのトラックがございます。

トラックの一覧を挙げてみます。

トラックと調べると真っ先に出てくるのが、小型のトラックです。

とても多くの種類がございます。

実際、小さなトラックだけで種類としましては150台ほどございます。

特に有名所としましては、ミニキャブトラックやアクティトラックやハイゼットトラックです。

こういった小型トラックであれば、料金に関しても大きく変動無く運ぶことができます。

小型以外のトラックとなってしまいますと料金が大きく変わる場合があります。

参考料金としましては、ミニキャブでご提示させて頂きます。

福岡ー栃木間の陸送をさせて頂く場合とさせて頂きます。

お車の陸送費用というのはお車の状況に応じて大きく変わります。

例えば、年式です。

その他には、故障車や事故車や不動車等です。

そういった状況であれば陸送料金は大きく変わります。

したがいまして、そのような状況にないお車とさせて頂きます。

普通車として、参考料金をご提示させて頂きます。

この場合の陸送料金は、78,000円です。

いかがでしょうか?

このくらい料金がかかってきます。

したがいまして、この料金を想定して頂きたく思います。

ですが、一般的にトラックと言うのはもっと大きなものを想定します。

こういった小型のトラックであれば、どちらかと言えば、トラックというよりかは一般的なお車や荷台付きのお車といったイメージです。

したがって、一般的にイメージされるトラックを想定してみたいと思います。
その際に、参考にさせて頂くのが、三菱ふそうのファイターです。

引き続き三菱ふそうのファイターという中型トラックに焦点を当ててお話しを進めて生きたと行きたいと思います。

先程の個人で所有されるタイプのトラックとは違い、こちらは完全に業務用となっております。

こちらの参考料金をご提示させて頂きます。

こちらの参考料金をご提示させて頂く際も、お車の状態によって料金は大きく変わってまいります。

したがいまして、先程と同様に普通のお車ということを想定し料金をご提示させていただきます。

つまり、特殊な状況ではないお車です。 その際の料金はおいくらとなりますでしょうか?

ここで本来ならばすぐに料金が出せるのですが、トラックとなりますと特殊な見積もりが必要になってきます。

特殊な見積もりをさせていただき再度ご連絡させていただく形となっております。

その上でご料金を提示させていただきます。

 

中型トラックの参考料金の事例

では、例えば先程ご紹介させて頂きました三菱ふそうのファイターを、福岡から栃木間で陸送をさせて頂く場合料金はどうなるのでしょうか?

三菱ふそうのファイターと言えば中型トラックとして非常に有名です。

その場合の料金は205,000円となります。

一見高く感じてしまいますが、高いか安いかは相場と比較しなければ分かりません。

ですので、一般的な相場を知って頂く必要がございます。

その際も事故や改造や故障等がなく正常に動作するということが前提ですし、年式が古いと料金が大幅に上がる場合がございます。

したがいまして、そういったことを全てクリアしている普通車である必要があります。

さらに、陸送料金を決める際に車種名は必ず必要となってきます。

そういったことを考慮しまして、アルファードの普通車を前提に料金を提示させて頂きます。

福岡から栃木間のアルファードの一般的な陸送相場は91,000円となります。

 

トラックの陸送方法

いかがでしたでしょうか?

一般的な車両と比べて、同じ区間での陸送料金が倍以変わっています。

なぜここまでお値段が変わってくるのでしょうか?

その理由としましては、輸送方法が挙げられると思います。

中型以上のトラックとなってしまいますと、積載車に乗らなくなってしまいます。

したがって、中型自動車や大型自動車に関しては専用の免許を持ったドライバーが直接運転して目的地まで陸送する必要があります。

そうなってしまいますと、積載車にまとめてお車を積むことと比較し料金の方が上がってしまいます。

そういった要因から料金が2倍以上上がるといった事例が発生してしまうのです。

したがって、トラックに関しては中型以上になるとお値段が大きく上がってしまうと言えます。

先程もお伝えしましたが、一般的なイメージとしてはトラックと言えば、三菱ふそうのファイターのようなトラックをイメージされるかと思いますが、普及しているトラックとしては、ミニキャブトラックやアクティトラックやハイゼットトラック等です。

そういった個人使用の小型のトラックが非常に普及しています。

ここでお分かり頂きたいとのが、トラックと言えば大きく分けて2種類あるということです。

業務用の非常に大きなトラックや個人で使用されるレベルのトラック等です。

こちらによっては料金が大きく変わります。

したがいまして、業務用の非常に大きなトラックと個人で使用されるレベルのトラックの2つの参考料金を提示させて頂きました。

実際の所、個人で使用されるトラックであれば即時金額をお見積りさせて頂けます。

一方、業務用のトラックであった場合は必ずお見積りが必要となってしまいます。

さらにお値段は倍以上変わってくる場合もございます。

したがいまして、料金には注意をし慎重に陸送会社を検討してください。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。