ヴィンテージカーの陸送は高額となるのか?

ヴィンテージカーの定義

 

ヴィンテージカーの定義はどういった定義でしょうか?

また、クラシックカーや旧車との言葉の違いはあるのでしょうか?

ヴィンテージカーとは、簡単に言えば古くてクオリティの高い車となります。

ヴィンテージカーと似たような言葉にクラシックカーや旧車やヒストリックカーなどがあります。

明確な定義があるわけではなく、ヴィンテージカーを取り扱うショップにおいても、定義外の車も取り扱っております。

したがいまして、広く定義する必要があります。

定義としましては年式の古い車と言えます。

そして、年式の古い車の中でも品質の高い車を示します。

具体的な時期はありませんが、1960年から1970年までに生産された高級車をヴィンテージカーとする場合が多いです。

一般的にはそのようになっておりまして、さらに昭和年式で高級車ではないお車の場合は旧車という場合が多いです。

ヴィンテージカーというのは元来日本語ではなく西洋の言葉です。

そのイメージの元、高級車というイメージがついてしまっています。

したがいまして高級車という定義はイメージでありそうではない車もヴィンテージカーと言います。

ですが、どちらかと言えば旧車のほうが広く古いお車を示すと言えます。

 

ヴィンテージカーの陸送料金は高額となってしまうのか?

 

ヴィンテージカーの陸送料金とは?

ヴィンテージカーの陸送料金はどうなるのでしょうか?

陸送料金に関してはクラシックカーや旧車やヒストリックカー同様高くなる場合が多いです。

陸送業界の陸送料金の特徴としましては、年式が大きく関わってきます。

年式が平成から昭和となると陸送料金が途端に上がるという場合があります。

したがって、全てが昭和年式車となるヴィンテージカーやクラシックカーや旧車やヒストリックカーなどのお車は陸送料金が高くなる傾向にあります。

年式は料金と大きく関わってきますが、その他にもお車の状態によって陸送料金は変わってきます。

ヴィンテージカーを陸送される場合は必ずお見積りが必要となってきます。

そちらのお車の状況と年式などにより料金が変わってきます。

したがって、個別にお見積りをとる必要があります。

そしてお見積りとった上で陸送料金を提示したいと思います。

個別にお見積りを取ることが必要です。

ここで昭和年式車のお車の陸送料金を提示させて頂きます。

1971年式のフォルクスワーゲンのビートルです。

こちらのお車は自走可能です。

1971年のフォルクスワーゲンと言えば典型的なヴィンテージカーです。

こちらを大分県から埼玉県まで陸送する場合の陸送料金は137,000円です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ヴィンテージカーとはという疑問にお答えし、ヴィンテージカーの陸送料金を提示し、ヴィンテージカーを陸送する際の日程を提示させて頂きました。

さらに、ヴィンテージカーの年式をお伝えしました。

ここで分かって頂きたいのが、ヴィンテージカーの陸送料金は高額であるということです。

さらに、陸送料金のお見積もりが必要となるということです。

ヴィンテージカーを陸送する場合は非常に特殊な陸送方法をとる場合があります。

その理由としましては、例えば自走です。

陸送をする際に一部区間を自走させて頂く可能性がございます。

ですが、その際に昭和年式車ですと自走することができません。

したがいまして、積載車やローダー車等で陸送することとなってしまいます。

そうなってしまいますと、料金が大きく上がります。

したがって、上記でお伝えしたような価格となってしまいます。

さらに、保険です。

ヴィンテージカーですと保険料が上がる場合があります。

つまり、上がった分の保険料が価格に転嫁されます。

ヴィンテージカーというのは修理に通常車より料金がかかります。

したがって、どうしても料金は上がります。

そういったことからヴィンテージカーは料金が高くなります。

ですが、どうしても運びたいという場合や運ばなければならない場合は利用するしか手はありません。

とにかく一度査定をされてみることをおススメします。

査定自体は完全に無料ですし、場合によってはご自分で移動されるよりも圧倒的に安くなる場合もあります。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。