旧車を陸送する方法とは?

旧車を陸送する方法とは?

旧車の陸送方法とはいったいどのようなものなのでしょうか?

そもそも旧車とは何かという定義から始まり、普通車と旧車の陸送方法の違いについても言及します。

 

旧車の定義とは

旧車とは一般的には年式の古い車のことを呼びます。

具体的には、クラシックカーやヒストリックカーやヴィンテージカーなどです。

それらを総称して旧車と呼びます。

ですが、製造から数十年経過した車を旧車と呼ぶ場合もあり、定義はあいまいです。

クラシックカーやヒストリックカーも同じ意味で使われることもあります。

ここで大切ですのが、クラシックカーやヒストリックカーとの違いです。

旧車は両者を含む抽象的な概念なのですが、クラシックカーというのはクラシックという意味を含んでおり、どちらかと言えば古いという意味に加えて名作といった意味を含んでおります。

また、ヒストリックカーといのはヒストリックという意味を含んでおり、どちらかと言えば古いという意味に加えて歴史的な遺産という意味を含んでおります。

クラシックカーは現代のお車とは違い、あくまで比較相対の中でクラシックかーと認識されているのです。

最大の違いは年式の違いが挙げれらます。

現代のお車というのは型式が落ちていたとしても3年~5年前程度のものを呼びますが、クラシックカーは違います。

さらに古いお車をクラシックカーと呼びます。

主にクラシックカーになるための目安として1980年代以前のモデルであることが求められます。

古ければ古いほどクラシックカーと呼ぶにふさわしいものとなります。

一方、その個体の歩んできた履歴に価値があるものがヒストリックカーです。

最近の価値高騰が話題になったり、製造中止になっていた部品の再販が行われるなど、日本でも古いクルマに脚光が当たりつつあります。

日本の場合は、趣味性のある古いクルマのことを、旧車と呼びます。

さらに日本だけではなく海外でもよく使われる言葉としてヒストリックカーという言葉があります。

先程もお伝えしましたが、年式の古い車のことを旧車と呼びます。

その他には、クラシックカーやヒストリックカーやヴィンテージカーなどと読んだりします。

旧車とは、年式の古い車輌のなかでも名車として扱われているものを指していますが、日本メーカーの生産した車両におもに使われる言葉です。

ヴィンテージカーは、クラシックカーやヒストリックカーよりも以前に製造された車を指す傾向があり、おもに第一次世界大戦以降の1919年~1930年の間に生産された車を指すことが多いようです。

それよりも前に製造された車の場合は、ベテランカーと呼んだりもします。

日本は海外に比べれば自動車の歴史は浅いため、この定義でいくと旧車は、ヴィンテージカーという括りではなく、ヒストリックカーという呼び方のほうが合っていることになります。

ただし、今回の挙げた定義はあくまでも目安であり、古い日本車でもヴィンテージカーということもあり、それが誤った呼び方ということもないのです。

したがって、たくさんの呼び方があるということです。

ですが、旧車というのは最も抽象的な括りとなっておりますのでそちらでお伝えしていきます。

 

旧車の陸送料金

結論から言えば、旧車を陸送する場合は非常に特殊な輸送方法をとる場合があります。

したがってお値段も高くなります。

その理由は保険が上がることと特殊な対応をすることによる手数料です。

ですが、どうしても運びたいという場合や運ばなければならない場合は利用するしか手はありません。

仮に旧車を陸送する場合の料金の目安についてお伝えしていきます。

旧車を陸送される場合は必ずお見積りが必要となってきます。

そちらのお車の状況と年式などにより料金が変わってきます。

したがって、個別にお見積りをとる必要があります。

そしてお見積りとった上で陸送料金を提示したいと思います。

個別にお見積りを取ることが必要です。

ここで昭和年式車のお車の陸送料金を提示させて頂きます。

1971年式のフォルクスワーゲンのビートルです。

こちらのお車は自走可能です。

1971年のフォルクスワーゲンと言えば典型的な旧車です。

こちらを大分県から埼玉県まで陸送する場合の陸送料金は137,000円です。

車両の状態によって料金は大きく変わってきます。

例えば、年式です。

その他には、不動車や故障車や事故車等です。

そういったお車ですと陸送料金は上がります。

そして、こちらに関しては複数の項目で料金が上がります。

年式は昭和年式で古いというのが一点です。

さらに、古いお車ということで自走が難しいと判断される場合があります。

そういった項目から料金が大きく下がる場合があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クラシックカーとはという疑問にお答えし、クラシックカーの陸送料金をお話しました。

ここで分かって頂きたいのが、旧車の陸送料金は高額であるということです。

さらに、陸送料金のお見積りが必要となるということです。

その理由としましては、自走です。

陸送をする際には自走区間が発生する場合があります。

その際に、昭和年式車ですと自走することができない場合があります。

したがいまして、積載車やローダー車等で陸送することとなってしまします。

そうなってしまいますと、料金が大きく上がります。

したがって、非常に高額な価格となってしまいます。

つまり、上がった分の保険料が価格に転嫁されます。

クラシックカーというのは修理に通常車より料金がかかります。

したがって、どうしても料金は上がります。

そういったことからクラシックカーは料金が高くなります。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。