昭和年式のお車は陸送料金がどう変わるのでしょうか?

昭和年式車の陸送料金とはおいくらほどなのでしょうか?

そちらについて記載していきます。

昭和年式のお車は陸送料金がどう変わるのでしょうか?

具体的には、昭和年式車は古いお車であるため料金が変わる可能性があると思ってしまいます。

答えとしましては、陸送料金は大きく変わる場合があります。

その理由としましては2つあります。

1つ目は自走です。

2つ目は保険です。

自走ということに関しては、保険に関しても料金が上がってまいります。

例を挙げてみます。

 

陸送料金の目安とは?

 

ホンダのバモスのお車を岡山県井原市から沖縄県那覇市まで陸送した際の陸送料金は165,000円です。

ちなみに年式は昭和50年式で自走可能で改造等ないお車です。

こちらの料金は高いでしょうか?

比較のために同じ地域をスズキのワゴンRで陸送した場合の料金を記載していきます。

その場合の料金は127,000円です。

いかがでしょうか?

料金が4万円ほど変わります。

その他にはマツダのシャンテです。

昭和年式のお車は急激に料金が上がってしまいます。

どれほど料金が変わってくるのでしょうか?

見積もってみたいと思います。

昭和48年式のマツダのシャンテのお車を陸送して頂く場合は、広島から北海道まで陸送して頂いて料金が198,000円です。

マツダのシャンテというお車はもう生産されておらず平成のお車と比較することは難しいですが、現在マツダにおいて最も人気のあるデミオと比較してみたいと思います。

平成年式のマツダのデミオを広島から北海道まで陸送する場合は114,000円となります。

したがいまして約80,000円以上の差ができてしまっていると言えます。

同じ条件下で車の年式が昭和に代わるだけでお値段が80,000円以上も変わってしまうとは驚きです。

なぜここまでの違いが出来てしまうのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、その点が自走です。

お車を陸送させて頂く場合はほぼ自走を使います。

その自走ができなくなってしまうとなると状況は大きく変わります。

そちらが最大の理由となっていると考えられます。

そして、保険です。

保険料が大きく上がってしまうのです。

具体的には、昭和年式車はパーツが少ないため修理に普通車以上のコストがかかってしまうのです。

そういったことから料金が高くなってしまいます。

もうひとつ例を挙げてみたいと思います。

次に1975年式の日産スカイラインです。

こちらは高知県から沖縄県まで陸送した場合の陸送料金は264,000円です。

非常に高額であることが分かっていただけると思います。

ちなみに、平成年式のスカイラインであれば、高知県から沖縄県まで陸送した場合の陸送料金は131,000円です。

やはりこの場合もお値段が大幅に上がっております。

この場合はお値段が倍以上になっています。

驚くほどお値段が変わります。

年式が平成年式か昭和年式かによって非常に大きく変わってくることがわかりました。

このように昭和年式のお車ですと料金は10万円以上が一般的です。

いかがでしたでしょうか?

料金が非常に高くなっています。

まとめ

昭和年式車になってしまいますと、料金が大きく上がってきます。

今回は3台のお車を例に昭和年式のお車の陸送料金について記載させて頂きました。

非常に重要です。

両者とも大幅にお値段が上がりました。

本当に年式というのは陸送において重要だということをご理解頂けたでしょうか?

たった一年年式が変わり昭和年式となるだけでお値段が場合によっては倍以上になる場合があります。

そういったことに注意して陸送を依頼してください。

こちらに関しては、一部の陸送業者においてのみ適用されることではなく、大部分の輸送業者によって言えることなのです。

 

昭和年式のお車の陸送料金はどう変わるのでしょうか?

 

ではそういったお車の料金をどうすれば下げることができるのでしょうか?

料金を下げるためにどのような方法があるのでしょうか?

料金を下げるためには大きく分けて3つの方法があります。

まず一つ目はヤード持込・持ち帰りです。

ヤードと呼ばれる運搬基地や輸送基地となる拠点がございます。

そちらまでお車を持込・持ち帰りして頂いた場合は料金が片方で5000円下がります。

したがいまして持込と持ち帰りの両方をして頂いた場合は10000円程料金が下がります。

2つ目はお車屋さんにおいての引取・納車です。

お車屋において引取・納車して頂いた場合は料金が下がります。

片方で5000円ほど下がります。

したがって、両方お車屋さんであった場合は料金が10000円ほど下がって参ります。

3つ目は相見積もりです。

こちらが最も重要とも言えます。

相見積もりをとって頂くだけで料金が下がる場合があります。

したがって、相見積もりは必ずとるようにしてください。

相見積もりの取り方は単純で、2社以上の業者に料金を問い合わせるのです。

そして、料金を問合せ見積もりを出して頂くのです。

そうすることで2つのメリットがあります。

1つ目は最安の業者が分かるということです。

2つ目は価格交渉が出来るということです。

1つ目は非常に分かりやすいのですが、2つ目に関して説明させて頂きます。

具体的には複数社の料金を伺うということは、他社と価格を比較するということとなります。

したがって、他社の価格に合わせて料金が下がる場合が大きくあります。

つまり、さらに料金が下がる可能性があるのです。

そちらが大きなメリットです。

上記の3つの方法があります。

なるべく多くの方法を確認してください。

引き続き以下におススメの陸送会社についてお伝えしていきます。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。