普通ではないお車の陸送方法

普通ではないお車の陸送方法

陸送のご依頼は普通車のみではありません。

ご依頼の中には特殊なお車や不動車や故障車や事故車などのご依頼を頂くこともあります。

そのような普通の状態ではないお車について記載していきます。

具体的には、事故車や不動車や故障車や高級車や特殊車両等です。

そういった状態のお車についてお伝えしていきます。

是非、ご参考下さい。

 

 

事故車の陸送方法

事故車や不動車を陸送したい場合はどうすればいいのでしょうか?

結論から言えば、自分自身で移動することもできます。

車検さえ切れていなければ自分で牽引することが可能なのです。

ですが、牽引をするには高い運転技術が必要となります。

そういった観点から、自分で牽引するのが難しいと感じる場合は専門の業者に依頼するのがおススメです。

状況によって依頼するほうがいい場合とそうでない場合があります。

特に長距離となる場合は専門の業者に依頼することがベストです。

しかしながら、業者ごとに料金の設定は異なります。

ですので慎重に業者を選ぶ必要があります。

 

 

不動車の陸送方法

不動車にはいくつかの状態があります。

例えば事故や故障等で動かなくなることもあります。

さらに長年使っていないということで動かなくなってしまう場合もございます。

そのような不動車の中でもバッテリー上がりのお車であれば比較的容易に運ぶことができます。

バッテリーが上がったお車を陸送するためには、ブースターを使って充電する方法があります。

ブースターが上がってしまったお車であればそのような手法を用いて容易に運ぶことができます。

ですが、エンジン関係の故障となってしまいますと、状況は変わります。

例えばエンジンの故障やトラブルであった場合は非常に難しいです。

そういった場合は通常の積載車では運ぶことができません。

したがって、セルフローダー車やウィンチ付き積載車で運ぶこととなります。

 

 

故障車の陸送方法

故障車を陸送する際には、いくつかのパターンで陸送がおこなわれます。

どのようなパターンで陸送するかは、お車の状態にや出発地や目的地によって異なります。

ですが一般的には積載車やレッカー車によって移動します。

これらが故障車の輸送方法として最も一般的です。

お車の状態や場所によってはクレーン車や特殊な積載トラックが必要になることもあります。

車検が切れていなければ自身で牽引することも可能です。

ですが、それは高度な運転技術を要求されて非常に難しいと言えます。

自分で牽引することが難しい場合は、陸送業者に依頼するほうがいいでしょう。

 

 

高級車の陸送方法

高級車と言えば、例えばフェラーリやブガッティといったお車です。

それらを陸送するために特殊な陸送方法をとるのでしょうか?

それはありません。

基本的には同じです。

どのようなお車であっても傷をつけずに安全に運ぶことは大切です。

したがって、陸送方法に大きな違いはありません。

まず高級車の陸送においての特徴としては料金です。

高級車となると料金が高くなります。

具体的には、車体価格が2000万円を超えてきたあたりからぐっと高くなる傾向にあります。

その理由はまさに一つです。

保険料です。

通常の保険ですと、例えば300万円の保証までとかです。

それが2000万円のお車を保証するとなるとその保険料が跳ね上がります。

 

 

特殊車両の陸送方法

重機やフォークリフトなどの速い速度の出ない車両や、農業用トラクターのような公道を走行できないようなお車の場合、積載車での対応が難しくなってしまいます。

特にキャタピラの車両の場合は、フルフラットローダー車での対応となってしまいます。

したがって、料金は上がってしまいます。

 

 

まとめ

上記の状態のお車において、どの状態であっても料金は上がります。

やはり普通ではないお車となってしまいますと料金は高くなってしまいます。

さらに、上記のお車においては全て別途お見積りとなってしまう点が挙げられます。

したがって、個別にお見積りさせて頂き対応させて頂きます。

沢山の状況のお車がございますが、その中でも上記のお車は非常に高い陸送費用がかかってしまいます。

さらに、例外としまして、事故車や不動車の中でもタイヤが回らない自動車があります。

そういった自動車は積載程度の走行も難しく陸送が困難になってしまいます。

したがいまして、この場合は積載車に載せることができません。

積載車に載せることができないとなってしまいますと、料金は非常に高額となってしまいます。

したがって、状況によって大きく料金は変わるのですが、その中でも積載車に乗せれない状況であったり、混載ができない状況ですと料金は大きく上がります。

つまり、個別のお見積りと料金が上がることについてはご了承頂きたく思います。

いかがでしたでしょうか?

事故車や不動車や故障車や高級車や特殊車両等についてお伝えしました。

全ての状況に関して値段は上がってしまいます。

ここで例を挙げます。

この場合は上記の中でも高級車に特化して例を挙げてみたいと思います。

参考例としてランボルギーニのウラカンを挙げてみます。

静岡から大阪まで陸送した場合料金は約20万円となります。

この20万円という陸送費用は高いものなのでしょうか?

この料金は高いのでしょうか?

ここで比較してみたいと思います。

例としてトヨタのアルファードとします。

先程の同様に静岡から大阪まで陸送する際の料金をご提示させていただきます。

この場合、料金が59,000円になります。

つまり、両者の料金はの違いは14万円以上になります。

このように上記の普通とは違うお車であった場合ここまで料金が変わってきます。

したがって、このように非常に高額になってきます。

 

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。