自走不可のお車を陸送したい

自走不可のお車を陸送したい

自走不可のお車を陸送するにはどうすればいいのでしょうか?

お伝えします。

自走ができないということですが、どのような状況において自走ができないのでしょうか?

様々な理由で自走ができなくなった場合があります。

どういった理由があるのでしょうか?

例えば、バッテリー上がりです。

その他にはエンジンの故障といった場合が考えられます。

事故を起こしてタイヤが転がらない場合等がございます。

その他にもたくさんの理由が考えられます。

 

自走不可のお車の陸送料金

不動車の参考料金はいったいおいくらぐらいでしょうか?

ここで参考までにトヨタのMR2をご紹介させて頂きます。

トヨタのMR2はトヨタ自動車が日本国内市場向けに1984年~1999年までの期間に製造販売していたお車です。

そして、MR2の後継車としてMR-Sが販売されました。

日本国内市場においてはMR-Sが引き続きMR2の名称を継続して新車販売が行われていました。

MR2はとても有名であったお車です。

純国産の典型的なスポーツカーです。

長い間、日本において非常に有名なスポーツカーです。

特に、MR2の後継車であるMR-Sはポルシェにも似ているため、非常に注目されました。

そのようなMR2ですが、非常に有名です。

今回、自走不可のお車として例を出させて頂く際のコチラのMR2ですが、昭和年式車です。

このお車は昭和に発売されていた車ですので、基本的に年式は昭和となってしまいます。

陸送する際に、非常に重要となってきますのが陸送料金です。

陸送料金が上下する可能性があります。

そちらがお車の車両状態です。

その際に最も大切な要素の一つは年式です。

その他には、事故車や故障車や不動車などのお車です。

今回は自走不可のお車ということですので、そちらは前提とさせていただきます。

したがってそういった状態にない普通のお車と比べますと、料金は上がってきます。

さらに、状態が悪くなるとお値段は上がってまいります。

この場合は、不動車でさらに昭和年式ですので、不動車だけであった場合より料金は上がってくる可能性が高いです。

参考までに広島から岐阜まで陸送させて頂く場合のご料金をお伝えさせて頂きます。

こちらの参考料金は113,000円です。

いかがでしょうか?

確かに高いと感じられるかもしれませんが、適切な理由があってお値段が高くなってまいります。

そちらは昭和年式と自走不可です。

こちらの2つの要素により料金が上がってまいります。

したがいまして、こちら以外にも要素がある場合は料金がさらに上がってまいります。

参考とはなってしまうのですが、自走可能で平成年式であった場合はどうなるのでしょうか?

全く同じお車ということで見積もってみたいと思います。

区間も全く同じ区間とさせていただきます。

その場合は陸送料金は61,000円です。

いかがでしょうか?

約2倍となっております。

 

まとめ

自走不可のお車の陸送についてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

予想以上の陸送料金であったかもしれません。

ですが、自走不可となってしまいますとこのような料金がかかってまいります。

こちらの料金をご了承ください。

では、ここで自走不可のお車を陸送する際の状況についてお伝えします。

そもそもお車が動かないのですから運転することはできません。

そうなると方法は2つです。

1つ目は修理する。

2つ目は廃車にする。

上記の2つの方法が挙げられます。

いづれにしても

自走不可のお車を所有する方の内陸送を希望されてお見積りをされて実際に契約をされる方は約1%と言われております。

したがいまして、その割合は非常に低いと言えます。

一体なぜそのような事態が発生するのでしょうか?

その理由としましては、自走不可のお車を動かない状態で陸送しようと考えている場合が多いからです。

ここで費用対効果という考え方があります。

自走不可のお車を整備工場等で直すことを考慮してみてください。

新車で新たな車を買うことと比較した場合費用はどうなるでしょうか?

修理に大きなお金をかけたとしても新車を買うことと比較すると安い場合があります。

こういった費用対効果を考慮されて陸送をご依頼される場合はスムーズに成約へとつながります。

ですがこちらの1%という数字を見た時に理解して頂けることは自走不可のお車を修理もせず廃車にもせずにそのまま陸送される方が非常に多いと言えます。

したがいまして、こちらのお車を陸送される場合は修理するか廃車にするかを検討して頂きご依頼して頂けたらと思います。

 

らに、こちらのお車を陸送させて頂く際に、どのように運べばいいのでしょうか?

具体的には自走不可とのことで積載車に載せる程度も自走ができない場合は、積載車を使うことができません。

その場合は積載車ではなく、ローダー車に載せて運ぶこととなります。

したがって、こちらも料金が非常に高額になってしまう要因です。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。