陸送業者の選び方

陸送会社をどのように選べばよいのでしょうか?

陸送を依頼したいと思った場合、その次のステップとして陸送会社を選択しなければなりません。

数多くある陸送業者の中から一社に決める必要があります。

言い換えれば、複数ある陸送業者の中から一番の陸送業者を見つけだす必要があります。

一体どうすればよいのでしょうか?

具体的に解説していきます。

 

料金で決める

陸送業者を選ぶ際に最も重要なことが、最も安い陸送業者に決めるということです。

方法としては複数の陸送業者から見積もりを取るといった方法です。

こちらは陸送業界としては非常に有名は相見積もりという方法とも言えます。

陸送業者から提示される見積もりに関しては、大きな開きがあります。

したがって、その最安の価格を見つけるということが非常に重要です。

そして、引き続き重要なのが、価格交渉です。

価格交渉をすることが非常に重要です。

ですが、価格を交渉する際にはどうしても主観的に交渉してしまいがちです。

だいたいいくらにして欲しいからといったような希望額に対して交渉をするといったような方法となります。

そのような交渉法ではなかなか料金は下がらない可能性が高いです。

では、一体どうすれば料金は下がるのでしょうか?

ここで大切ですのが相見積もりです。

相見積もりをとって頂き、他社がいくらだからといった理由で料金を下げて頂くことをお勧めします。

そのように対応して頂けますと交渉がスムーズに進みます。

価格を下げて頂く際に非常に重要ですのが、価格の比較です。

2社以上で価格を比較して頂ければ、最安値の業者に合わせる形で料金が下がる場合が多いです。

そういったことから料金の比較のための相見積もりをとることは非常に重要です。

料金を下げたい場合は非常に重要となります。

 

中小企業か大手企業かどちらに依頼すればよいのでしょうか?

陸送会社と言えば、大手企業に代表されるように、全国に対応した業者から、市区町村レベルで陸送を請け負う中小企業まであります。

実際の所、大手企業と呼ばれる日本全国に対応した業者があります。

その数としては、5社~10社程です。

それぞれの会社によって本社や営業所等は異なります。

ですが、多くの大手企業であれば、ヤードを持っています。

したがって、料金が下がる可能性が大いにあります。

具体的には、ヤード持ち込み・持ち帰りによる陸送料金の低下です。

一方、中小企業ですが、地方に特化した中小企業であれば安く運んで頂ける場合があります。

ですが、多くの中小企業の場合はディーラーや中古車販売業者との提携を中心に陸送をされている場合が多くあります。

したがって、全国対応はされておらず地方の業者に対してのみの対応という場合が多いです。

 

保険で決める

料金に引き続き重要なのが、保険です。

陸送はリスクが伴います。

積載車に積む際に傷ついたり、船を利用する際に傷ついたりといった可能性があります。

さらに、自走させて頂く際に事故を起こす可能性もあります。

そういった際に、保険がなければ一体どうなってしまうでしょうか?

事故を起こしたにもかかわらず免責となってしまいます。

したがいまして、保険というのは非常に重要です。

例え料金が安かったとしても事故が全て免責となってしまいますと、大きな損失となってしまう恐れがあります。

そのような損失を出さないためにも保険は重要です。

したがって、保険が充実した業者をお選び頂きたく思います。

一体どうすればいいのでしょうか?

重要なことは見積もりをとる際に業者に対して保険の有無を聞くことが大切です。

その際に保険の度合いを把握し業者を選んで頂ければと思います。

格が上がる場合もございます。

したがって、複数の業者に対して見積もりをとって頂きたく思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

陸送業者の選び方をお伝えしました。

その際重要なのが、料金と保険です。

料金と価格で業者を選ぶことが最善です。

最安値の陸送業者を探し、最も保険の充実した業者を探す必要があります。

その2つについて考慮してください。

最も重要なのがその2つです。

その両者の揃った業者を見つけるのが大切です。

そういった場合はまずは最安値の業者を探すことがベストです。

そして、その上で保険の整った業者を探すことがベストです。

両者が整っている業者がベストであることは言うまでもありません。

陸送業界の特徴としましては、配送業界同様に人材不足等の状況から料金が上がっています。

そのように料金が上昇している状態ですので、参考価格を提示することが非常に難しくはなってくるのですが、2019年時点での料金を提示します。

参考としましては、東京ー大阪間です。

東京ー大阪間の参考料金としましては、

23,400~62,000円ほどの価格の開きがあります。

陸送業者によって料金は非常に開きがあります。

最安の料金はヤードと呼ばれる、指定の運送基地を利用する方法をとった場合です。

そちらのヤードまでお車を持ち込みと持ち帰りをして頂いた場合の料金となっています。

その場合、最安で23,400円の価格を提示している陸送業者があるということです。

一方、ヤードを用いずにDoor to Doorという形で陸送をさせて頂き確実に300万円以上の保険が付いた場合、陸送価格は62,000円という場合がございます。

この場合はヤード割引は10,000円ほどとお見積りさせて頂いた場合、約30,000円程の価格の開きがあります。

この部分に保険料がのってきます。

したがって、保険に関しては、この30,000円の中に入ってきます。

陸送料金だけでなく、保険料もこちらの料金の中に入っているので、その保険の補償内容によっては料金は大きく変わってきます。

そこから考えますと、保険は料金的に大きな金額の差をもたらします。

料金の最安値を調べることは簡単ですが、そちらが本当に最安値かどうかということは検討しなければなりません。

したがって、その価格以上にもう上がらないかということを確認する必要があります。

そちらが非常に重要です。

今回は料金と保険についてお話しを進めてまいりました。

その料金と保険について非常に重要な点をお話しさせて頂きました。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

先程もお伝えしましたが、車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。