陸送費用の目安とは?

陸送費用の目安とは?

陸送費用に関する一般的な目安とは?

陸送費用に関する一般的な目安についてお伝えしていきます。

陸送という言葉をご存知でしょうか?

陸送という言葉は輸送とは違い文字通り陸上を輸送するという意味です。

一方、輸送という言葉は陸送とは違い海や空を使った輸送も含んでいます。

陸送は、キャリアカーなどの専用の車両を使用したり、自走を行い、陸地の上だけを移動して運ぶという意味です。

以下に「陸送を利用したい」または「陸送という言葉は聞いたことがあるけど料金がいくらぐらいか分からない」といった方のために陸送料金の目安というのを記載していきます。

陸送費用を見積もりをさせていただきます。

その際に、どのようにすれば陸送料金が安くなるかということに関してもお伝えします。

では引き続き陸送料金の目安についてお伝えしていきます。

陸送費用というのは業者によっても変わってきます。

場合によっては大きく変わる場合もあります。

もちろんお運びするお車のサイズによっても変わってきます。

さらに陸送区間に応じても変わってきます。

そういった複合的な要素で決まってきます。

お車の状況によっても大きく料金が変わってきます。

例えば、年式です。

事故車や故障車や不動車などといったお車の状態によっても陸送料金は大きく変わってきます。

したがって、そういった状況にない普通のお車としてお見積りさせて頂きます。

お車は仮にトヨタのアクアとさせて頂きます。

以下にいくつかの例を挙げたいと思います。

トヨタのアクアを陸送させて頂く場合の料金をお伝えします。

トヨタのアクアを複数の区間を運ばせて頂く際のご料金を提示させていただきます。

大阪ー東京間での陸送料金は2~5万円程度です。

さらに、沖縄から北海道まで10~15万円程度かかることが多いです。

ここで大切なことがあります。

そちらはお車の料金と陸送料金です。

今回はアクアでお見積りをさせて頂きましたが、アクアでなくても料金は大きく変わることはありません。

例えばトヨタのカムリであっても料金は同じです。

ではいったいいくらになれば陸送料金は変わるのでしょうか?

料金が上がっても陸送料金は大きく変わりません。

陸送する際に重要なラインとなってきますのが、2000万円です。

この2000万円を超えてきますと車体料金は大きく上がってまいります。

したがいまして、2000万年が大きなラインとなってきます。

例えばフェラーリやベントレーです。

そういったお車ですと陸送料金が大きく上がってまいります。

具体的には陸送としましては、10万円を大きく超えてしまう可能性がございます。

そういったことも考慮して陸送をご依頼ください。

なぜこのように料金が上がってしまうのでしょうか?

その理由としましては保険です。

保険料が大幅に上がってしまうため、価格が上昇します。

陸送料金が高くなってしまう理由としましては、

ですが、そちらはあくまで一般的な車両のことを指します。

特殊車両となると話は変わります。

特殊な車両の場合はさらに値段が上がる傾向にあります。特殊な車両というのも定義が広く、事故車や故障車も含みます。

最安の料金

陸送する際の最安の料金とはいくらでしょうか?

ここで重要なのが引取です。

最寄りの業者まで引取にいかれる場合は価格が大きく下がります。

なぜならその間のドライバーによる自走コストがカットできるからです。

すべてを陸送業者にお任せしようとするとどうしても価格は上がる傾向にあります。

その際は大阪ー東京間で限りなく2万円に近い金額となると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

陸送料金を聞いた際にほとんどの方は「高い」と思われると思います。

ですが非常に妥当な金額なのです。

なぜなら当人の移動費により時間のロスやたくさんの時間的かつ物理的な費用がかかってしまうからです。

ですので時間とお金の節約の観点からも積極的に利用することをおススメします。

陸送費用の目安等をお伝えしましたが、ここでは陸送費用を下げる方法についてお伝えしていきます。

 

陸送費用を下げる方法とは?

 

陸送費用を下げる方法についてお伝えしていきます。

陸送費用を下げる方法は大きく分けて3つあります。

1つ目はヤード持込・持ち帰りです。

2つ目はお車屋さんでの引取・ご納車です。

3つ目は相見積もりをとることです。

1つ目のヤード持込・持ち帰りですが、多くの陸送会社は輸送基地・運送基地となるヤードを持っています。

そちらのヤードにお車を持込・持ち帰りして頂いた場合は陸送料金が片方で5,000円程ずつ下がります。

したがって、持込・持ち帰りをして頂いた場合は料金が10,000円程下がります。

2つ目のお車屋さんでの引取・ご納車ですが、引取とご納車をお車屋さんで行って頂きますと、料金が片方で5,000円程ずつ下がります。

したがって、持込・持ち帰りをして頂いた場合は陸送料金が10,000円程下がります。

お車屋さんとしましては、中古車買取店様やディーラー様や整備工場様等です。

そういったお車屋さんで持込・持ち帰りをして頂いた場合は陸送料金が下がります。

3つ目は相見積もりをとることです。

相見積もりをとって頂けた場合は料金が大きく下がる可能性があります。

その場合は2つの意味で料金が下がります。

1つ目は最安の業者を探すことができる点です。

最安の業者を探すことで最も安い業者を選ぶことができます。

続いて2つ目は陸送料金の価格交渉です。

最も安い業者を探してその業者の価格をその他の業者に提示するのです。

そうすることでお安くなる場合があります。

上記の3つを実践して頂いた場合は非常にお安くなる場合があります。

 

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

しっかりと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。