名古屋は他の県に比べると陸送会社も多いので依頼することに困りません。クルマを陸送するなら安い金額で運びたい思っている方も多いでしょう。初めて陸送をご利用される方にとっては、どこの陸送会社に申込をしたらいいかわかりません。陸送会社のホームページを見ても欲しい答えが必ず掲載されているとは限りません。一から、陸送会社を探して問い合わせる時間もない方も多いでしょう。特に急いでる方にとってはすぐにでもどこの陸送会社がいいのか知りたいはずです。

陸送会社によっては、対応できる車両もあれば、対応できない車両もあります。全ての会社が全国に拠点があり、すべの車に対応できる積載車(キャリアカー)やローダー車などの陸送で使うトラックを持っているとは限りません。同じ陸送会社でも積載車を使って陸送する会社もあれば、陸送ドライバーが運転して運ぶ場合もあります。陸送会社によっても得意な車両、得意なエリアがあります。不得意な車両の陸送や、不得意なエリアからの引取りや納車の場合、金額が他社よりも高くなるケースがあります。コチラでは、陸送でお困りの方の悩みを解消していきます。

格安陸送.com

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

格安料金で愛知県の名古屋から車の陸送してくれる陸送会社

名古屋から陸送ができる陸送会社をご紹介します。
一般ユーザ向けの陸送から自動車関連事業者などの業者向けの陸送会社について説明していきます。

格安陸送.com(オススメ度:★★★★★)

名古屋から陸送するなら格安陸送ドットコムがオススメです。格安陸送ドットコムは、ラグザス・クリエイトが運営している陸送サービスになります。他社よりも安い料金で、一般ユーザ向けにクルマやバイクの陸送サービスを行っております。全国1,500社と提携しているため名古屋から全国各地に陸送することが可能です。お申込方法は簡単で電話または、ホームページから24時間申し込むことが可能です。お客様の様々なニーズにお応えして安全ルートで最も安い陸送料金を提案してくれます。

格安陸送ドットコムで陸送可能な車両

・通常車両(普通自動車や軽自動車)
・エンジンがかからなくなった不動車
・地上高が低い車
・人気のクラシックカーや高級車
・大きいトラック
・カートやバイク
・農業機器や重機などの特殊車両

企業情報

会社名:株式会社ラグザス・クリエイト
住所:〒531-6131 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階
営業時間:年中無休・8:00~22:00
対応地域:全国対応
運び方:積載車・自走陸送

その他 名古屋の陸送会社

株式会社ゼロ(オススメ度:★★★★)

会社名:株式会社ゼロ
住所:〒289-1515 千葉県山武市松尾町富士見台208-97
電話番号:0479-86-5661
FAX番号:0479-86-5660
営業時間:平日9:00 – 18:00
対応地域:全国対応
運び方:積載車・自走陸送

■特徴など
株式会社ゼロは、国内の新車や輸入車、中古車、バイクなどを全国へ輸送する業界大手の陸送会社になります。動かなくなった車や特殊車両、高級車、クラシックカーなどの車も陸送対応しています。全国に約30ヶ所の物流拠点に配備された500両以上を超えるキャリアカーを使って多くの車を安全・正確・迅速かつ丁寧に陸送しています。自動車関連事業者はもちろん、高級車やクラシックカーをお持ちの一般ユーザーの方も利用している陸送サービスになります。

株式会社 ラクネット(オススメ度:★★★)

会社名:株式会社 ラクネット
住所:〒454-0871 愛知県名古屋市中川区柳森町2709
電話番号:052-352-0070
FAX番号:052-352-0018
営業時間:
対応地域:全国対応
運び方:自走陸送

■特徴など
株式会社 ラクネットは、ドライバーがお伺いして目的地まで自走でお車をお運びします。自動車産業の中心でもある東海地方を本拠地に、トラックを主に自走陸送サービスを行っております。
大型トレーラーや幅広トレーラー、フルトレーラーなど、どんなトレーラーでも対応しています。大型特殊車両の25t~50tのラフタークレーンや、グレーダーなどの公道自走可能な建設機械等もお運びします。また、左ハンドル輸入車やローダウン車、バッテリー上がりの車など 公道自走可能車両でしたらどんなお車にも対応可能です。主に建設関係業者や自動車関連業者の方が利用されています。

名古屋陸送株式会社(オススメ度:★★★)

会社名:名古屋陸送株式会社
住所:〒456-0035 名古屋市熱田区白鳥3丁目6番22号
電話番号:052-682-4300
FAX番号:052-682-8787
営業時間:平日 9:00 – 18:00
対応地域:全国対応
運び方:自走陸送

■特徴など
名古屋陸送株式会社は、1971年(昭和46年)発足時より、東海圏最大級の規模を持つ自走陸送会社です。トラック、トレーラーの新車・中古車を問わず、一般貨物輸送や航空貨物輸送も行っております。お客様のご要望にお応えすべく多彩なバリエーションをご用意し、安全確実な運行で全国へ車両をお届けしています。主に自動車関連業者や一般ユーザの方も利用されています。

名古屋から輸送した場合の陸送費用と日程

陸送の相場も気になりますが、引取りから納車までの期間も気になる方が多いでしょう。名古屋から輸送した場合の陸送費用と日程についてご紹介していきます。これから陸送を検討されている方はご参考ください。

名古屋から輸送した場合の陸送費用の相場と期間

名古屋から陸送した場合の陸送料金の相場についてご紹介します。名古屋から沖縄を除く九州や本州までの陸送であれば、引取りから納車までの期間は、5日から10日ぐらいで納車できるのが一般的です。納車先が北海道や沖縄県の場合は、5日から14日ぐらいになります。台風などの天候状態によっては、納車期間が延びる可能性があります。

引取り先ご住所 ご納車先ご住所 ドアtoドア陸送費用 引取りから納車までの期間
名古屋市 北海道札幌市 65,000円~95,000円(税別) 5日~14日ぐらい
名古屋市 北海道旭川市 69,000円~99,000円(税別) 5日~14日ぐらい
名古屋市 北海道苫小牧市 62,000円~92,000円(税別) 5日~14日ぐらい
名古屋市 北海道釧路市 69,000円~99,000円(税別) 5日~14日ぐらい
名古屋市 宮城県仙台市 62,000円~92,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 東京都23区内 44,000円~74,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 東京都23区外 50,000円~70,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 神奈川県横浜市 43,000円~73,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 埼玉県さいたま市 45,000円~85,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 大阪府大阪市 38,000円~68,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 広島県広島市 54,000円~85,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 福岡県福岡市 56,000円~85,000円(税別) 5日~10日ぐらい
名古屋市 沖縄県那覇市 90,000円~120,000円(税別) 5日~14日ぐらい

※上記の価格は、自走可能な軽自動車または、普通自動車で地上高13cm以上のノーマル車の場合の陸送費の概算価格になります。船を使って陸送する場合、台風や大雨などの影響で日程が大きくずれることがありますのでご注意ください。

車の輸送時によくある質問のまとめ

実際に陸送を利用されるユーザからあった質問事項をまとめましたのでご紹介します。これから陸送を利用される方は、参考にされるといいかもしれません。

車検切れや車検がない車でも輸送することは可能?

車を輸送する業者は、仮ナンバー(臨時運行許可制度)や積載車などを使って輸送しますので車検が無いまたは、車検が切れているクルマでも輸送することが可能です。

動かなくなった不動車や故障車でも陸送は可能?

バッテリー上がりやエンジンがかからない不動車や故障車でも陸送することは可能です。オイル漏れや水漏れがないことやブレーキが効く必要があります。不動車や故障者の場合は、いくつかの条件がございますのでお問合せの際に確認してみてください。

陸送のキャンセルはできますか?

陸送のキャンセルは可能です。ただし、キャンセル費用が発生するケースがあります。ご契約する際は、キャンセルした場合の費用などをご確認ください。

陸送する車の中に私物を積んでいいですか?

基本的に陸送する際は、荷物を載せて頂かないように案内されるケースが多いです。理由として、陸送中に荷物揺れて窓ガラスが割れた、シートが汚れた・破れたなどの状況が考えられるためです。どうしても荷物を載せたい方は、ご依頼する陸送会社に問合せてみてください。

陸送にも繁忙期はありますか?

陸送にも繁忙期はあります。特に混みあう時期は、3月~4月、9月になります。3月~4月は、車業界の動きが活発になる時期です。就職や転職などで新生活に合わせて車を購入したり、売却したりします。また、引越しのシーズンでもあるのでクルマを陸送される方も増えます。車業界の繁忙期や引越しシーズンに合わせて陸送会社も忙しくなります。日程に余裕を持って申し込むことをオススメします。

輸送時によくあるトラブルと補償

輸送時によくある「飛び石」や「バッテリー上がり」、「ミッションなどの機関系」などのトラブルをご紹介します。また、大事な愛車に傷がついた場合などの保証はどうなるか気になる方も多いと思います。そちらも合わせてご説明します。

陸送中の飛び石よるの補償はありますか?

陸送中に飛び石によりクルマのボディが凹んだ、傷がついたなどのケースがあります。コチラの場合、陸送会社からの補償は一切ございません。誰がクルマを運んだ場合でも起こりうるケースになりますので免責になります。陸送を申し込む際に、担当スタッフから免責事項について説明を受けます。免責事項について了承できない方はお申込ができません。

陸送の保管中の飛び石よるの補償はありますか?

お車を引き取ってから納車するまでに、陸送会社のヤード(運搬基地)に停めるケースがあります。ヤードに車を保管している間に飛び石により車が傷ついたり・凹んだりした場合は全て原則免責となります。陸送会社に過失が認められた場合は、補償してもらえるかもしれません。原則免責と思っていたほうが良いかもしれません。

陸送中に車内に載せていた荷物で内装やシートの汚れや破損の補償はありますか?

お車を陸送中に事故等で、バンパーが凹んだり、ミラーが割れて取れたなどの場合は保険内での補償となります。陸送中に車内に載せていた荷物等で、内装やシート汚れ・破損があった場合は
免責となります。ほとんどの陸送会社が「車内に荷物を載せないようにしてください」と案内されます。どうしても荷物を載せたい方は、陸送担当スタッフに相談してみてください。

陸送中のバッテリー上がりは補償されますか?

陸送依頼する前の事前チェックのときは、バッテリーに問題はありませんでした。クルマを引き取っていただいた後に、ヤードの保管期間が長かったためバッテリーが上がってしまうケースがあります。陸送期間中のバッテリー上がりは、原則免責になります。

陸送中のミッションなどの機関系の不具合は補償されますか?

ミッションなどの機関系の不具合は、陸送会社の過失が認められない限り原則免責になります。陸送中にミッションが滑り動力が駆動輪に伝わらなくなり、アクセルを踏んでもクルマは走らなくなります。クルマが走らなくなると積載車にせることができないケースがあります。その場合、積載車でクルマを運ぶことができなければローダー車などで運ばないといけなくなるため
別途費用と日数がかかる可能性があります。定期的にミッションオイルの交換をオススメします。陸送を申し込む前に、車の状態を事前に確認しておきましょう。