新潟県から陸送を利用すると、陸送費はいくらになるのか?主要の都道府県別の料金をまとめました。この情報は一般的な陸送費の相場ですので、正確には依頼する陸送会社に確認しましょう。

陸送費を安くすますオススメ陸送会社

一般ユーザー向けの陸送サービスは多くありませんが、格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。他の陸送会社と比較して格安陸送.comを利用するメリットは、

  1. 格安陸送.comは、もともとがユーザー向け陸送サービスなので価格が他の陸送会社よりも安い(他の陸送会社は主に業者向けサービスの為、ユーザーからの依頼は一般的に割増料金となっている)
  2. 車の名義変更や一時抹消手続きなどもセットでやってくれる。
  3. 一般ユーザーとの対応に慣れている

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で簡単に見積もりができるので、一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

格安陸送.com

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

新潟県から全国への陸送費 相場

陸送費は自走可能な車と、自走不可な車(昭和車や不動車など)で大きく異なります。ここでは自走可否別に陸送費の相場をまとめました。

自走できる車の陸送費 相場

自走できる車とは、エンジンや機関系に故障が無く、且つローダウンしていない車(目安として地面から15cm以上)が対象となります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
新潟市 ⇒ 北海道札幌市 66,000円~82,000円 57,000円~69,000円
新潟市 ⇒ 宮城県仙台市 39,000円~55,000円 33,000円~45,000円
新潟市 ⇒ 東京都23区内 38,000円~55,000円 29,000円~42,000円
新潟市 ⇒ 愛知県名古屋市 45,000円~62,000円 37,000円~40,000円
新潟市 ⇒ 大阪府大阪市 52,000円~68,000円 44,000円~59,000円
新潟市 ⇒ 福岡県福岡市 63,000円~78,000円 56,000円~70,000円
新潟市 ⇒ 沖縄県沖縄市 93,000円~108,000円 85,000円~100,000円

自走できない車(不動車)の陸送費 相場

自走不可車の中には昭和車も含まれます。昭和の車でもコンディションが良い車もあると思いますが、エンジンや機関系は新しい車と異なる為、自走不可の陸送費と同等の費用がかかることがあります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
新潟市 ⇒ 北海道札幌市 110,000円~132,000円
新潟市 ⇒ 宮城県仙台市 89,000円~105,000円
新潟市 ⇒ 東京都23区内 88,000円~105,000円
新潟市 ⇒ 愛知県名古屋市 95,000円~112,000円
新潟市 ⇒ 大阪府大阪市 102,000円~128,000円
新潟市 ⇒ 福岡県福岡市 113,000円~138,000円
新潟市 ⇒ 沖縄県沖縄市 148,000円~166,000円

新潟県で陸送費を少しでも安くする方法

陸送を利用する時というのは、引越しや新しく車を購入した時など、陸送費以外の出費が重なる時でもあります。少しでも陸送費を安くする方法についてお伝えします。

陸送費が高くなる車とは

陸送費は、基本的には距離によって算出されますが、その他にどのような理由で割り増し料金になるのでしょうか?

  1. 車両の改造がある(外装やマフラーなど)
  2. 特殊車両である(イベントで利用する車など)
  3. 車体が低い(地面から15cm以上が目安)
  4. 自走ができない車(バッテリー上がり含む)
  5. 製造が昭和時代の車など古い車(製造から29年以上が目安)

陸送の引取り日までに自走可能な状態にしておこう

自走可能の車と自走不可の車とでは陸送費が大きく異なります。また、陸送会社によっては自走不可の車は陸送ができないこともあります。これは、ユニックやレッカーで車を吊ってしまうと、車のあらゆる箇所が故障する原因となるため、基本的にウィンチ付きのローダー車で引取りと納車を行うことになります。

バッテリー上がりの場合は、ブースターケーブルなどでバッテリーを充電してもエンジンがかかる保証がないため、陸送会社によっては自走不可の車の見積もりを言われるかもしれません。ですから、バッテリー上がりの場合は、事前にバッテリーを充電しておくか、ドライバーが引き取りに来るまでの間にエンジンを始動しておくかなどの処置を行い、自走可能の車として陸送すると陸送費を大きく抑えられます。

まとめ

陸送費は距離や車の状態(コンディション)によって異なります。バッテリー上がりなど自分自身で解決ができるものは解決しましょう。そうすると陸送費を大きく抑えられる可能性があります。後々のトラブルにならないように、陸送会社には車の状態を詳しくお伝えされることをおすすめします。

新潟県以外の陸送情報はこちらをチェック

中古車の個人売買や引っ越しなどで陸送を依頼するときのために、全国の陸送会社の情報をコチラでチェックできます。

北海道エリア 北海道
東北エリア 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
北陸信越エリア 新潟県 長野県 富山県 石川県
関東エリア 東京都 神奈川県 埼玉県 群馬県 千葉県 茨城県 栃木県 山梨県
中部エリア 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 福井県
近畿エリア 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 滋賀県 和歌山県
中国エリア 広島県 鳥取県 島根県 岡山県 山口県
四国エリア 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
九州エリア 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄エリア 沖縄県

陸送会社に依頼してから納車されるまでの時間などをご確認される方は、車の陸送にかかる日数は?陸送の流れを全て解説で詳しく書かれています。