青森から陸送した場合の陸送費用とは?

青森から陸送した場合の陸送費用とはおいくらでしょうか?

ご納車先の都道府県別に記載していきます。

こちらの料金はあくまで参考であり相場状況によって変わります。

さらに、お車の種類や状況によっても陸送料金は変わってきます。

参考までとはなりますが、青森から全国へと陸送する際の陸送費用チャートをご用意致しましたのでご確認ください。

 

陸送エリア ドアtoドア価格
青森県青森市 ⇒ 北海道札幌市 71,000
青森県青森市 ⇒ 岩手県盛岡市 46,000
青森県青森市 ⇒ 宮城県仙台市 51,000
青森県青森市 ⇒ 秋田県秋田市 49,000
青森県青森市 ⇒ 山形県山形市 54,000
青森県青森市 ⇒ 福島県福島市 77,000
青森県青森市 ⇒ 新潟県新潟市 75,000
青森県青森市 ⇒ 長野県長野市 78,000
青森県青森市 ⇒ 富山県富山市 80,000
青森県青森市 ⇒ 石川県金沢市 83,000
青森県青森市 ⇒ 東京都新宿区 72,000
青森県青森市 ⇒ 神奈川県横浜市 73,000
青森県青森市 ⇒ 埼玉県さいたま市 69,000
青森県青森市 ⇒ 群馬県前橋市 69,000
青森県青森市 ⇒ 千葉県千葉市 72,000
青森県青森市 ⇒ 茨城県水戸市 65,000
青森県青森市 ⇒ 栃木県宇都宮市 65,000
青森県青森市 ⇒ 山梨県甲府市 78,000
青森県青森市 ⇒ 愛知県名古屋市 89,000
青森県青森市 ⇒ 静岡県静岡市 81,000
青森県青森市 ⇒ 岐阜県岐阜市 90,000
青森県青森市 ⇒ 三重県津市 98,000
青森県青森市 ⇒ 大阪府大阪市 100,000
青森県青森市 ⇒ 京都府京都市 103,000
青森県青森市 ⇒ 兵庫県神戸市 83,000
青森県青森市 ⇒ 奈良県奈良市 98,000
青森県青森市 ⇒ 滋賀県大津市 98,000
青森県青森市 ⇒ 和歌山県和歌山市 107,000
青森県青森市 ⇒ 広島県広島市 115,000
青森県青森市 ⇒ 鳥取県鳥取市 117,000
青森県青森市 ⇒ 島根県松江市 121,000
青森県青森市 ⇒ 岡山県岡山市 110,000
青森県青森市 ⇒ 山口県山口市 122,000
青森県青森市 ⇒ 香川県高松市 110,000
青森県青森市 ⇒ 徳島県徳島市 116,000
青森県青森市 ⇒ 愛媛県松山市 119,000
青森県青森市 ⇒ 高知県高知市 122,000
青森県青森市 ⇒ 福岡県福岡市 110,000
青森県青森市 ⇒ 佐賀県佐賀市 115,000
青森県青森市 ⇒ 長崎県長崎市 123,000
青森県青森市 ⇒ 熊本県熊本市 118,000
青森県青森市 ⇒ 大分県大分市 119,000
青森県青森市 ⇒ 宮崎県宮崎市 123,000
青森県青森市 ⇒ 鹿児島県鹿児島市 124,000
青森県青森市 ⇒ 沖縄県那覇市 151,000

 

こちらはお車の状況によっても料金は変わってきます。

具体的には、故障車や不動車や事故車や改造車等です。

そういったことについて引き続きお伝えしていきます。

青森からの普通車以外の故障車や不動車や事故車や改造車の陸送費用とは?

普通車以外の故障車や不動車や事故車や改造車を陸送したい場合はどうすればいいのでしょうか?

さらに、そういったお車を陸送する際の費用はおいくらほどでしょうか?

結論から言えば、ご自身で移動することもできます。

車検さえ切れていなければ自分で牽引することが可能なのです。

ですが、牽引をするには高い運転技術が必要となります。

そういった観点から、ご自身で牽引するのが難しいと感じる場合は専門の業者に依頼するのがおススメです。

この場合は2つの選択肢が上がります。

1つ目はお車の廃車サービスを手伝ってくれる廃車業者です。

2つ目はお車の陸送を行ってくれる陸送業者です。

では、上記の業者のうちいずれの業者に依頼すればよいのでしょうか?

答えは明確です。

廃車をすることが目的ならば廃車業者に依頼する方がいいでしょう。

ですが、修理をすることが目的ならば陸送業者となります。

どちらのほうがいいかを考慮して選択して下さい。

費用としては廃車業者であれば一切必要無い場合があります。

ですが、修理をすることが目的ならば陸送業者となります。

どちらのほうがいいかを考慮して選択してください。

費用としては、廃車業者であれば一切必要無い場合があります。

ですが、修理業者となるとお金がかかってしまします。

一見修理をするほうがデメリットが多いように見えるかもしれませんが、新車を乗り換える費用と比較すると非常に安いと言えます。

では、陸送をする場合の費用はどのくらい必要なのでしょうか?

事故車や故障車の中でも陸送費の基準として最も重要なのが、動くか動かないかです。

不動車であった場合は陸送料金は大きく上がってしまいます。

例えば上記に陸送費用チャートとして記載した料金の約2.5倍程が予想されます。

続いて料金が上がることが予想されるのが、改造車です。

改造車は基本的に大きな改造であっても料金は通常料金でお運びできるのですが、ローダウンに関しては話が変わります。

最低地上高が12~13cm以上あれば普通車と同じ料金で運べます。

ですが、最低地上高が10cmとなってしまいますと料金が変わる可能性があります。

さらに、最低地上高が9cmとなってしまいますと、運べません。

なぜならば、船や積載車に乗せる際に車体の底を擦ってしまう可能性があるからです。

そのような状態でもなんとかして運ぼうとした場合ローダー車と呼ばれる一大積みのお車に乗せて運ぶ必要が出てきます。

陸送の費用としましては、どういった区間であっても最低でも10万円程は超えてしまう可能性があります。

結論から言えば、事故車や不動者の陸送には大きく分けて3つの選択肢があります。

1つ目は自分自身で牽引するといったパターンです。

そして、2つ目は廃車業者に依頼するといったパターンです。

3つ目は陸送業者に依頼するといったパターンです。

その3つに集約されると思います。

その中で最も合ったものを選ばれると良いかと思います。

その他に陸送費用が変わるお車としましては、年式です。

年式によって陸送費用が大きく変わる場合があります。

そちらについて引き続きお伝えしていきます。

青森からのクラシックカーやヴィンテージカーなどの旧車の陸送費用とは?

クラシックカーやヴィンテージカーなどの旧車の陸送費用とは言ったいどのくらいかかるのでしょうか?

一般的には料金は上がるとは考えにくいと言えます。

年式が古くなっただけでお値段が上がるというのは非常に考えにくいと言えます。

結論としましては、昭和年式のお車は急激に料金が上がってしまいます。

では一体どれほど料金が変わってくるのでしょうか?

見積もってみたいと思います。

例えば昭和48年式のマツダのシャンテのお車を陸送して頂く場合は料金が198,000円です。

マツダのシャンテというお車はもう生産されておらず平成のお車と比較することは難しいですが、現在マツダにおいて最も人気のあるデミオと比較してみたいと思います。

平成年式のマツダのデミオを広島から北海道まで陸送する場合は114,000円となります。

したがいまして約80,000円以上の差ができてしまっていると言えます。

同じ条件下で車の年式が昭和に代わるだけでお値段が80,000円以上も変わってしまうとは驚きです。

なぜここまでの違いが発生してしまうのでしょうか?

まず大きな問題として自走ができなてなってしまうといった問題があります。

お車を陸送させて頂く場合はほぼ自走を使います。

その自走ができなくなってしまうとなると状況は大きく変わります。

そちらが最大の理由となっていると考えられます。

本当に年式というのは陸送において重要だということをご理解頂けたでしょうか?

たった一年年式が変わり昭和年式となるだけでお値段が場合によっては倍以上になる場合があります。

そういったことに注意して陸送を依頼してください。

こちらに関しては、一部の陸送業者においてのみ適用されえることではなく、大部分の輸送業者によって言えることなのです。

陸送費用が上がる可能性のあるお車の特徴に関しては以上です。

いかがでしょうか?

その他に陸送費用が下がる可能性がある場合があります。

そこに言及します。

青森から安心品質でかつ格安で車を陸送する際の費用とは?

車の陸送を依頼する際に値下げは可能なのでしょうか?

端的に申しますと、一般的には難しいと言えます。

陸送業界というのは一般的に利益幅が大きい訳ではないので、一つ一つの問い合わせに対して値下げ対応できるわけではありません。

ですが、少しの値下げであれば対応して頂ける場合があります。

以下に値下げ交渉の際に具体的にどのようにすればいいのかについて解説していきます。

基本的には相見積もりが最も有効です。

他社の料金がいくらだったということを伝えることによって、料金が下がる可能性があります。

ですが、常識的に考えて頂きたいのですが、数十万円も利益をとっているわけではありません。

したがって、対応できる値下げ交渉というのは限界でも数千円程度となります。

料金が全輸送業者が一律であるとは言いませんが、基本的にそこまで大きな差はないと言えます。

ですが、その差に言及することでお値段が下がる可能性があります。

最も重要なことは「貴社と契約したい」という強い意志です。

先程もお伝えしましたが、貴社と契約したいと強い意志を持って交渉に望む必要があります。

その上で、「だから値下げをして欲しい」と伝えることが重要です。

そうであれば、場合によっては値下げに対応して頂ける場合があります。

その際の費用としましては、上記のチャートに書かれている費用から約5,000円~10,000円程下がる場合があります。

そちらが陸送費用の目安です。

相見積もりというのは非常に重要です。

相見積もりを取らなければ始まりません。

その上でさらなる値下げの交渉をすることが大切です。

その際に最も重要となるのが契約をしたいと強い意志をもって伝えるということです。

したがって、契約を確定していない値段だけを調べたいといった状態では値下げを交渉することは非常に難しい場合があります。

ですので、車の陸送を確定した状態でいくらまで下がったら契約したいとキチンとお伝え頂ければ値下げに応じて頂ける場合があります。

格安で軽自動車を青森より陸送する際の費用とは?

軽自動車の陸送は非常にニーズがあります。

実際サイズによって陸送費用が変わる陸送業界においては軽自動車の陸送費用は安いと言えます。

ではどの程度安いのでしょうか?

軽自動車の費用に関しましては、基本的には上記で記載されている通りの費用となります。

したがいまして、あちらの価格の通りの費用となります。

軽自動車を陸送するとなると一見すると安くなると考えしまいますが、基本t系には一律で料金は変わります。

料金が変わる場合は非常に大きなサイズの乗用車です。

高さを中心としてサイズが大きい自動車に関しては陸送料金が大きく上がってしまいます。

陸送をする際に最も安いものは一般的な自動車であれば料金は変わりません。

一例としましては、トヨタのアクアとクラウンの陸送料金は同じである場合が大きいです。

ですが、ハイエースやランドクルーザーなどの大型車となってしまいますと料金が上がる場合があります。

おススメの陸送会社

おススメの陸送会社をご紹介したいと思います。

以下の陸送会社はDoor to Doorのサービスをご提供されています。

格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。

他の陸送会社と比較していくつものメリットがあります。

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

 

格安陸送.com

 

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

 

陸送業者の選び方

陸送業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

車の輸送を代行する業者は大きく分けて3つあります。

1つ目は引越し業者です。

2つ目は輸送業者です。

3つ目は陸送業者です。

今回はその中でも陸送業者として進めてまいります。

陸送業者の中でも上記の業者をお勧めする理由としましては、大きく分けて2点あります。

1つ目は料金です。

料金が非常に安い業者を選ぶ必要があります。

2つ目は保険です。

ちゃんと保険がある業者を選ぶ必要があります。

上記の2点からこちらの格安陸送.comをお勧めします。