富山県で陸送費を安くする方法

富山県から陸送すると、陸送費はいくらになるのか?主要の都道府県別の料金をまとめました。この情報は一般的な陸送費の相場ですので、正確には依頼する陸送会社に確認しましょう。

富山県からの陸送費を安くすますオススメ陸送会社

一般ユーザー向けの陸送サービスは多くありませんが、格安陸送.comは全国対応で陸送サービスを一般ユーザー向けに行っています。他の陸送会社と比較して格安陸送.comを利用するメリットは、

  1. 格安陸送.comは、もともとがユーザー向け陸送サービスなので価格が他の陸送会社よりも安い(他の陸送会社は主に業者向けサービスの為、ユーザーからの依頼は一般的に割増料金となっている)
  2. 車の名義変更や一時抹消手続きなどもセットでやってくれる。
  3. 一般ユーザーとの対応に慣れている

全国対応のサービスなので、陸送依頼を検討されている方はWeb上で簡単に見積もりができるので、一度見積もりを確認してみるとよいでしょう。

格安陸送.com

格安陸送.comの無料見積もりを確認する(個人情報なしで陸送の見積もりが分かります)

富山県から全国への陸送費 相場

陸送費は自走可能な車と、自走不可な車(昭和車や不動車など)で大きく異なります。ここでは自走可否別に陸送費の相場をまとめました。

自走できる車の陸送費 相場[富山県~]

自走できる車とは、エンジンや機関系に故障が無く、且つローダウンしていない車(目安として地面から15cm以上)が対象となります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
富山市 ⇒ 北海道札幌市 60,000円~78,000円 52,000円~69,000円
富山市 ⇒ 宮城県仙台市 50,000円~67,000円 42,000円~55,000円
富山市 ⇒ 東京都23区内 39,000円~55,000円 30,000円~40,000円
富山市 ⇒ 愛知県名古屋市 32,000円~48,000円 24,000円~36,000円
富山市 ⇒ 大阪府大阪市 39,000円~55,000円 31,000円~44,000円
富山市 ⇒ 福岡県福岡市 59,000円~77,000円 51,000円~65,000円
富山市 ⇒ 沖縄県沖縄市 95,000円~105,000円 85,000円~99,000円

自走できない車(不動車)の陸送費 相場[富山県~]

自走不可車の中には昭和車も含まれます。昭和の車でもコンディションが良い車もあると思いますが、エンジンや機関系は新しい車と異なる為、自走不可の陸送費と同等の費用がかかることがあります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
富山市 ⇒ 北海道札幌市 110,000円~128,000円
富山市 ⇒ 宮城県仙台市 101,000円~127,000円
富山市 ⇒ 東京都23区内 88,000円~102,000円
富山市 ⇒ 愛知県名古屋市 92,000円~115,000円
富山市 ⇒ 大阪府大阪市 89,000円~120,000円
富山市 ⇒ 福岡県福岡市 119,000円~127,000円
富山市 ⇒ 沖縄県沖縄市 145,000円~165,000円

富山県で陸送費を少しでも安くする方法

陸送を利用する時というのは、引越しや新しく車を購入した時など、陸送費以外の出費が重なる時でもあります。少しでも陸送費を安くする方法についてお伝えします。

陸送費が高くなる場合

陸送費は、基本的には距離によって算出されますが、その他にどのような理由で割り増し料金になるのでしょうか?

  1. 車両の改造がある(外装やマフラーなど)
  2. 特殊車両である(イベントで利用する車など)
  3. 車体が低い(地面から15cm以上が目安)
  4. 自走ができない車(バッテリー上がり含む)
  5. 製造が昭和時代の車など古い車(製造から29年以上が目安)

バッテリー上がりの不動車は自走ができる状態にしよう

バッテリー上がりの車は不動車として取り扱われます。上記の陸送費相場をご覧頂くと分かるとおり、自走ができる車と不動車とでは陸送費が大きく異なります。バッテリー上がりの場合は、陸送の引取り当日までにエンジンがかかる状態にして、ドライバーが来たときにはエンジンがかかっている状態で引渡しを行いましょう。引渡し時にエンジンがかかっていれば自走ができる車としての陸送費となりますので、5-6万程度は安くなると考えましょう。

富山県の陸送費まとめ

富山県は大手の陸送会社が少ない為、都心部(東京や大阪)と比べると、少し陸送費が割高といえます。富山県の近隣へ陸送する際は地場の中小企業の陸送会社を利用するのが一番安いでしょう。遠方の場合はどうしても全国対応の陸送会社を利用するほかないので、その際は大手の陸送会社を検討すればよいかと思います。

富山県以外の陸送費に関する情報

中古車の個人売買や引っ越しなどで陸送を依頼するときのために、全国の陸送会社の情報をコチラでチェックできます。

北海道エリア 北海道
東北エリア 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
北陸信越エリア 新潟県 長野県 富山県 石川県
関東エリア 東京都 神奈川県 埼玉県 群馬県 千葉県 茨城県 栃木県 山梨県
中部エリア 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 福井県
近畿エリア 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 滋賀県 和歌山県
中国エリア 広島県 鳥取県 島根県 岡山県 山口県
四国エリア 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
九州エリア 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄エリア 沖縄県

陸送会社に依頼してから納車されるまでの時間などをご確認される方は、車の陸送にかかる日数は?陸送の流れを全て解説で詳しく書かれています。

神奈川県から陸送を利用すると、陸送費はいくらになるのか?主要の都道府県別の料金をまとめました。この情報は一般的な陸送費の相場ですので、正確には依頼する陸送会社に確認しましょう。

神奈川県から全国への陸送費 相場

陸送費は自走可能な車と、自走不可な車(昭和車や不動車など)で大きく異なります。ここでは自走可否別に陸送費の相場をまとめました。

自走できる車の陸送費 相場[神奈川県~]

自走できる車とは、エンジンや機関系に故障が無く、且つローダウンしていない車(目安として地面から15cm以上)が対象となります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
神奈川県 ⇒ 北海道札幌市 63,000円~79,000円 49,000円~65,000円
神奈川県 ⇒ 宮城県仙台市 43,000円~58,000円 29,000円~43,000円
神奈川県 ⇒ 東京都23区内 23,000円~38,000円 18,000円~29,000円
神奈川県 ⇒ 愛知県名古屋市 34,000円~49,000円 26,000円~39,000円
神奈川県 ⇒ 大阪府大阪市 41,000円~55,000円 33,000円~44,000円
神奈川県 ⇒ 福岡県福岡市 50,000円~66,000円 41,000円~56,000円
神奈川県 ⇒ 沖縄県沖縄市 79,000円~96,000円 69,000円~87,000円

自走できない車(不動車)の陸送費 相場[神奈川県~]

自走不可車の中には昭和車も含まれます。昭和の車でもコンディションが良い車もあると思いますが、エンジンや機関系は新しい車と異なる為、自走不可の陸送費と同等の費用がかかることがあります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
神奈川県 ⇒ 北海道札幌市 118,000円~137,000円
神奈川県 ⇒ 宮城県仙台市 98,000円~118,000円
神奈川県 ⇒ 東京都23区内 80,000円~96,000円
神奈川県 ⇒ 愛知県名古屋市 87,000円~103,000円
神奈川県 ⇒ 大阪府大阪市 83,000円~116,000円
神奈川県 ⇒ 福岡県福岡市 93,000円~125,000円
神奈川県 ⇒ 沖縄県沖縄市 125,000円~155,000円

神奈川県で陸送費を少しでも安くする方法

陸送を利用する時というのは、引越しや新しく車を購入した時など、陸送費以外の出費が重なる時でもあります。少しでも陸送費を安くする方法についてお伝えします。

陸送費が高くなる場合

陸送費は、基本的には距離によって算出されますが、その他にどのような理由で割り増し料金になるのでしょうか?

  1. 車両の改造がある(外装やマフラーなど)
  2. 特殊車両である(イベントで利用する車など)
  3. 車体が低い(地面から15cm以上が目安)
  4. 自走ができない車(バッテリー上がり含む)
  5. 製造が昭和時代の車など古い車(製造から29年以上が目安)

古い車の陸送は積載車のレンタカーを利用しよう

製造が昭和の車の陸送費は、不動車とほとんど変わりません。車の状態や車種によっては不動車より高い陸送費になることもあります。初年度登録の車の年式を変更することができないので、この陸送費を安くする方法は残念ながらありません。では、どうするのが良いのか?もし、トラックの運転に抵抗が無ければ、トヨタレンタカーなどで2t積載車を借りて陸送しましょう。レンタカー料金は24時間で1万円代です。神奈川県から愛知県まで陸送したとしても4時間程度でしょうか。高速代金とレンタカー代金を合わせても3万円程度かと思います。陸送会社に依頼すると10万円近くかかりますので、断然お得といえるでしょう。

神奈川県の陸送費まとめ

陸送費は距離によっても異なりますが、車両コンディションや内容によって大きく異なります。したがって、あまりにも高い陸送費の場合は自分で積載車を借りて陸送するなど、できる限りのことをすれば陸送費を抑えることができます。もし、エンジンコンディションが良い車の場合は、自分でレンタカーを借りて陸送するより手間とコストを考えると陸送のほうが断然お得になるケースもありますので、場合によって判断するようにしましょう。

神奈川県から陸送を利用すると、陸送費はいくらになるのか?主要の都道府県別の料金をまとめました。この情報は一般的な陸送費の相場ですので、正確には依頼する陸送会社に確認しましょう。

神奈川県から全国への陸送費 相場

陸送費は自走可能な車と、自走不可な車(昭和車や不動車など)で大きく異なります。ここでは自走可否別に陸送費の相場をまとめました。

自走できる車の陸送費 相場[神奈川県~]

自走できる車とは、エンジンや機関系に故障が無く、且つローダウンしていない車(目安として地面から15cm以上)が対象となります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
神奈川県 ⇒ 北海道札幌市 63,000円~79,000円 49,000円~65,000円
神奈川県 ⇒ 宮城県仙台市 43,000円~58,000円 29,000円~43,000円
神奈川県 ⇒ 東京都23区内 23,000円~38,000円 18,000円~29,000円
神奈川県 ⇒ 愛知県名古屋市 34,000円~49,000円 26,000円~39,000円
神奈川県 ⇒ 大阪府大阪市 41,000円~55,000円 33,000円~44,000円
神奈川県 ⇒ 福岡県福岡市 50,000円~66,000円 41,000円~56,000円
神奈川県 ⇒ 沖縄県沖縄市 79,000円~96,000円 69,000円~87,000円

自走できない車(不動車)の陸送費 相場[神奈川県~]

自走不可車の中には昭和車も含まれます。昭和の車でもコンディションが良い車もあると思いますが、エンジンや機関系は新しい車と異なる為、自走不可の陸送費と同等の費用がかかることがあります。

陸送エリア ドアtoドア価格 ヤード持込価格
神奈川県 ⇒ 北海道札幌市 118,000円~137,000円
神奈川県 ⇒ 宮城県仙台市 98,000円~118,000円
神奈川県 ⇒ 東京都23区内 80,000円~96,000円
神奈川県 ⇒ 愛知県名古屋市 87,000円~103,000円
神奈川県 ⇒ 大阪府大阪市 83,000円~116,000円
神奈川県 ⇒ 福岡県福岡市 93,000円~125,000円
神奈川県 ⇒ 沖縄県沖縄市 125,000円~155,000円

神奈川県で陸送費を少しでも安くする方法

陸送を利用する時というのは、引越しや新しく車を購入した時など、陸送費以外の出費が重なる時でもあります。少しでも陸送費を安くする方法についてお伝えします。

陸送費が高くなる場合

陸送費は、基本的には距離によって算出されますが、その他にどのような理由で割り増し料金になるのでしょうか?

  1. 車両の改造がある(外装やマフラーなど)
  2. 特殊車両である(イベントで利用する車など)
  3. 車体が低い(地面から15cm以上が目安)
  4. 自走ができない車(バッテリー上がり含む)
  5. 製造が昭和時代の車など古い車(製造から29年以上が目安)

古い車の陸送は積載車のレンタカーを利用しよう

製造が昭和の車の陸送費は、不動車とほとんど変わりません。車の状態や車種によっては不動車より高い陸送費になることもあります。初年度登録の車の年式を変更することができないので、この陸送費を安くする方法は残念ながらありません。では、どうするのが良いのか?もし、トラックの運転に抵抗が無ければ、トヨタレンタカーなどで2t積載車を借りて陸送しましょう。レンタカー料金は24時間で1万円代です。神奈川県から愛知県まで陸送したとしても4時間程度でしょうか。高速代金とレンタカー代金を合わせても3万円程度かと思います。陸送会社に依頼すると10万円近くかかりますので、断然お得といえるでしょう。

神奈川県の陸送費まとめ

陸送費は距離によっても異なりますが、車両コンディションや内容によって大きく異なります。したがって、あまりにも高い陸送費の場合は自分で積載車を借りて陸送するなど、できる限りのことをすれば陸送費を抑えることができます。もし、エンジンコンディションが良い車の場合は、自分でレンタカーを借りて陸送するより手間とコストを考えると陸送のほうが断然お得になるケースもありますので、場合によって判断するようにしましょう。